感染性胃腸炎の治療

感染性胃腸炎は、細菌やウイルスなどの病原体によって引き起こされる感染症です。現在のところ特別な治療方法はなく、現れた症状に対しての対症療法が主な治療となります。症状別にどのような治療を行うのかを解説します。

感染性胃腸炎に罹ると、吐き気、嘔吐、下痢、発熱、腹痛、全身倦怠感などの症状が現れます。下痢や嘔吐により脱水症状を引き起こすこともあります。

ウイルス性の感染性胃腸炎には特別な治療法はなく、対症療法を行い、症状の改善を目指します。細菌性の場合も対症療法を行い、追加として抗生物質を投与して治療することが可能です。

※嘔吐の対症療法

嘔吐開始後、3~4時間は、食塩とブドウ糖を含む経口補水液を少しずつ間隔をあけて補給します。次の3~4時間では消化に悪い乳製品は避けて、お茶やリンゴジュースを少しずつ摂ります。嘔吐症状が強く出ていて、脱水症状が見られる場合には、外来で点滴を行ったり、入院して持続的に点滴を行う場合もあります。吐き気を抑える薬のナウゼリンは、頭痛やめまい、眠気などの副作用があるため、子供には使いすぎないようにしましょう。

※下痢の対症療法

下痢は体内から病原体を排出しようとする防衛反応の1つであるため、下痢止めは使わないようにします。その分、脱水症状が起こらないようにしっかりと水分補給します。下痢は食事療法での治し方が基本で、おもゆや野菜スープ、すりおろしりんごなどから始め、おかゆやうどん、ヨーグルトや豆腐などの消化によいものを摂るようにしましょう。食事は1回に摂る量を少なくし、1日5~6回ほどに回数を増やして摂るようにします。食材はなるべく細かく切り、やわらかく煮込むことで胃や腸にかける負担を減らします。脂肪の多いものや菓子類、野菜やきのこ、こんにゃくや海藻類、香辛料やニンニクなども下痢を起こしやすい食材なので控えましょう。

※発熱の対症療法

必要に応じて解熱剤を投与します。吐き気がある場合は座薬を使用し、下痢が続いている場合は内服薬を使用します。

☆大切なポイント

・絶食

感染性胃腸炎では絶食にして胃と腸を安静にすることが治療の第一歩です。体力をつけるためといって無理してお粥やスープなどを食べるのは、胃腸に負担をかけることになり、回復を遅らせてしまいます。

・充分な水分摂取(脱水予防)

下痢や嘔吐に加えて絶食を続けると脱水症に陥ってしまいますので、充分な水分摂取が必要になります。最低でも1日に約1000 mlから1500 mlは必要です。点滴による補給の他、水・麦茶・ほうじ茶・ウーロン茶・スポーツドリンクなど、カフェインの少ない胃腸に優しい飲料水を補給してください。果汁(ジュース)・牛乳・ヨーグルトは胃腸に負担がかかります。吐き気がある時は、一度にたくさん飲むと嘔吐や下痢を誘発しますので、少量ずつこまめに摂取するのがコツです。

・お薬

病状に応じて、整腸剤、制吐剤、抗生物質、解熱剤などを服用していただきます。吐き気が強くない限り、絶食中もお薬は服用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です